スタッフブログ

【引き締まったお腹周りにも!】肋骨からキレイなカラダを目指そう

こんにちは!

今回は密かに気にされている方も多い肋骨に関連したお話です!

E-studioの会員の方にも
お話をしていく中で特に女性の方が気にされている方がいらっしゃいました。

ご自身に当てはまらないか確認してみてください。

 

ここで見た目に関して一つ質問です!!

鏡を見た時に肋骨が浮き出ている感覚がある方いますか??

 

もしかしたらそれ”リブフレア”かもしれません!!

リブフレアとは
リブ(肋骨)がフレア(広がっている)な状態を指します。

通常私たちは呼吸をする際に
吸気(息を吸う)時には肋骨が広がり
呼気(息を)時には肋骨が閉じていきます。

しかし、呼気の際に肋骨がうまく閉じず開いたままになることがあります。

その状態を”リブフレア”といいます。

 

リブフレアは、ざっくり表現すると
お腹周りの機能低下
うまく呼吸が行えていないと表すことが出来ます。

通常、私たちは主に二種類の呼吸を行っています。
胸式呼吸腹式呼吸です。

それぞれカラダに及ぼす効果が変わるので
使い分けて行えることが理想的です。

しかし、今回の主題である肋骨が上手く動かないような方は
胸をふくらませるような胸式呼吸がほとんどになってしまい
腹式呼吸を機能的に行えなくなっています

腹式呼吸をうまく行えない方のデメリット

  1. 横隔膜が上手く機能しないため
    お腹に圧力をかける(腹圧)ことができなくなり
    腰を必要以上に動かしてしまいます
    腰痛を発症する可能性が高まります。
  2. 胸式呼吸は交感神経という
    カラダを活動していく際に働く自律神経が優位になります。
    つまり、カラダの緊張状態が続くため
    眠りにくい、疲れが取れにくいなどなりやすいです。
  3. その他にも、胸式呼吸は肩をすくませるように呼吸を行うため
    肩回りを緊張させやすく肩こりにも繋がります
  4. 特に女性にとって重要な点として
    肋骨が開いたままの方はくびれがなくなります

上記のようなことが当てはまる方は改善していきましょう!

 

腹式呼吸の基本は

”鼻から吸って口から吐く”

です。

息をしっかり吐ききることで
お腹が引き締まる感覚が感じられるはずです。

上記に加えて
弱くなっている筋肉を平行してトレーニングすることで
より改善されやすくなります。

ボディメイクの観点からも
細いのにくびれがないという方はチェックしてみてくださいね!

 

E-studioでは、ダイエットだけでなくカラダの機能改善も行っています。
テレワークで姿勢が悪くなって調子が悪いなど
もし悩みがあればお気軽にご相談ください!

 

お問い合わせはこちらから

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。