スタッフブログ

【知って効果アップ!】 背中の基礎解剖

こんにちは!

今日のテーマは”背中”です。

トレーニングをされている方の中でも
上手く使うのが難しいと苦労されている方も多いのではないでしょうか?

E-studioのお客様の中にも
背中のエクササイズの時にうまく動かせている感覚が薄い方や
他の部位の感覚の方が強い方は結構多いです。
特に運動を始めたばかりの方に多いです。

 

意識性や神経促通にもよりますが
自分の背中がどのように筋肉がついているのか知ることで
イメージが涌いてエクササイズのプラスになるかもしれません!

今日は背中の解剖について簡単にお話していきますので、
ご自身の持つ背中のイメージと照らし合わせてみてくださいね!

 

背中の分類

背中を構成しているものとして大きいのは脊柱(背骨)と肩甲骨です。
筋肉は骨と骨を繋ぐ組織であり、この二点を抑えることで
背中のイメージ作りに役立ってくれるでしょう。

 

トレーニングをしていく上で
背中を ”肩甲骨の内側” ”外側” ”腰” の三つにざっくりと分けることができます。

それぞれ動かすポイントが異なりますので解説していきます。

※イメージ作りのため、わかりやすさを重視して解説します。
聞きなじみのない名称などは使いませんので
正確な詳細が気になる方はE-studioでトレーナーにご確認ください!(笑)

肩甲骨内側

肩甲骨の内側にある筋肉は
肩甲骨と背骨を繋いでいるものが多いため
肩甲骨を内側(背骨方向)に動かしていく際に作用します。

代表的な大きな筋肉は”僧帽筋”です。

僧帽筋は範囲が広い筋肉です。
上は後頭骨(頭蓋骨の後面)から腰の上まで続き
横幅はおおよそ肩幅程度あります。

大きな筋肉のため
上、中、下と分けて考えることが多いです。
それぞれ異なる肩甲骨の動きに関与します。

主な働き

  1. 肩甲骨を背骨の方に引き寄せていく働き
  2. 肩甲骨を肩の方に上げる働き
  3. 肩甲骨を腰の方に下げる働き

ちなみに肩こりの原因の一つとして
僧帽筋がうまく活動していないことが挙げられます。

肩こりに関してはこちらの記事を合わせて読んでみてくださいね!

【肩こりの人必見!】頭と肩甲骨の関係性E-studio(イースタジオ)は完全マンツーマンでパーソナルトレーニング。シェイプアップからバルクアップ目的まで、きめ細やかなサポートであなたに合ったパーソナルトレーニングを行い、美しく引き締まった体から理想のライフスタイルへ導く、東京メトロ東西線浦安駅徒歩1分、JR京葉線新浦安駅バス10分の場所で営業中のパーソナルトレーニングジムです。...

鍛えていく場合
肩甲骨を背骨の方に寄せていくことを意識することで効果を感じやすくなります。

 

肩甲骨外側

肩甲骨の内側にある筋肉は
背骨又は肩甲骨と腕の上腕骨を繋いでいるものが多いです。

そのため肩甲骨の動きや
腕の動きに作用するものが多いです。

代表的な大きな筋肉は”広背筋”です。

広背筋は腰から始まり腕の上腕骨まで続く筋肉です。
そのため背中の外側のラインを構成する主な筋肉になります。

主な働き

  1. 腕を胴体の後方に引いていく働き
  2. 腕が胴体の方に近づいていく働き
  3. 肘を前方に向ける働き

↑③より
肩が前方に出た巻肩の状態になると広背筋は収縮し硬くなります
デスクワーク等で巻肩が気になる方は、ケアすると緩和するかもしれませんね!

鍛えていく場合
を胴体よりも後ろかつ内側に引くことができてるか確認してみましょう!

 

腰部

腰にある筋肉は骨盤と背骨を繋いでいるものが多いです。

そのため、骨盤の動きや背骨の動きに作用します。

代表的な筋肉は脊柱起立筋群です。
脊柱起立筋群は最長筋、棘筋、腸肋筋からなり
背骨に沿う走行で付着しています。

主な働き

  1. 脊柱(背骨)を反らせる働き
  2. 片側のカラダの側面を伸ばす働き

つまり、腰を反らせる時に作用する筋肉になりますので
日常的な姿勢で反り腰気味の方は常に緊張状態になり
慢性的な腰痛のリスクが高まります。

鍛えていく場合
いわゆる背筋運動(うつ伏せの状態から腰を反らせてカラダを起こす)が
腰の筋肉を鍛えていく上では効率的です。

その他、重量を使うトレーニングとしてはデッドリフトでは鍛えていくことが出来ます。
しかし、重さの設定や形が上手く作れないと怪我に繋がりかねないので
行う際は十分にご注意ください!

 

 

以上、背中を3つに分けて解説しました。

一言に背中といっても様々な筋肉で構成されています。

どのような目的で背中のトレーニングを行うかによっても
動かす場所は異なります。
まずは、大まかに背中のどこのパートを動かしている感覚があるか
感じ取ることから始めてみましょう!

背中は自分で見ることが難しいですが
それぞれ働きも異なりますので
情報を整理しながら練習してみてください!

綺麗なバックラインを作っていきましょう!

 

E-studioではみなさんそれぞれに沿った運動を行っていきます。
まずは体験にてカラダの悩みをご相談ください!

 

お問い合わせはこちらから

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。