スタッフブログ

【同じ時間でも大違い!】知って効率的にカロリー消費しよう

ランニング中

こんにちは!

ダイエットをする上で
運動を取り入れていくことでより成功に近づきます。

ではその運動はどの程度しっかりと行うとよいのでしょうか??

ということで本日は運動強度消費カロリーについてご紹介していきます!

運動強度

 

運動強度は”METs(Metabolic Equivalents)”という単位で表します。

METs メッツ

安静時を1とした時と比較して
何倍のエネルギーを消費するかで
活動の強度を示したもの

 

下記↓は、私たちの生活における活動運動する際のメッツの表の一部です。

生活活動のメッツ表

  • 2.0 ゆっくりした歩行(平地、非常に遅い=53m/分未満、散歩または家の中)
  • 2.8 ゆっくりした歩行(平地、遅い=53m/分)
  • 3.0 普通歩行(平地、67m/分、犬を連れて)
  • 3.5 歩行(平地、75~85m/分、ほどほどの速さ、散歩など)
    楽に自転車に乗る(8.9km/時)
  • 4.0 自転車に乗る(≒16km/時未満、通勤)、階段を上る(ゆっくり)
  • 4.3 やや速歩(平地、やや速めに=93m/分)
  • 5.0 かなり速歩(平地、速く=107m/分)
  • 8.8 階段を上る(速く)

運動のメッツ表

  • 2.3 ストレッチング
  • 2.5 ヨガ
  • 3.0 ピラティス
  • 3.5 自体重を使った軽い筋力トレーニング(軽・ 中等度)
  • 4.0 ラジオ体操第1
  • 4.3 やや速歩(平地、やや速めに=93m/分)
  • 4.5 水中歩行(中等度)、ラジオ体操第2
  • 4.8 水泳(ゆっくりとした背泳)
  • 5.0 かなり速歩(平地、速く=107m/分)
  • 5.3 水泳(ゆっくりとした平泳ぎ)
  • 6.0 ゆっくりとしたジョギング、水泳(のんびり泳ぐ)
    ウェイトトレーニング(高強度)
  • 7.0 ジョギング
  • 8.0 サイクリング(約20km/時)
  • 8.3 ランニング(134m/分)、水泳(クロール、ふつうの速さ、46m/分未満)
  • 9.0 ランニング(139m/分)
  • 9.8 ランニング(161m/分)
  • 10.0 水泳(クロール、速い、69m/分)
  • 11.0 ランニング(188m/分)

出典:厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
「健康づくりのための運動基準2006改定のためのシステマティックレビュー」
(研究代表者:宮地元彦)

参照元https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/undou/index.html

消費カロリー

 

続いて消費カロリーについてです。
(今回、消費カロリーとは運動時に消費される分のカロリーを指します)

 

消費カロリー=METs×体重(Kg)×時間×1.5

の式で計算されます。
※尚、個人差はあります

これがみなさんがカラダを動かす際に使われているエネルギーの量です。

 

例えば、体重50キロの人間が

  1. 1時間ヨガをする
  2. 1時間ジョギングをする

を比較する時

  1. 2.5×50×1×1.5=187.5Kcl
  2. 7.0×50×1×1.5=351.5Kcl

その差164Kclとなります。

単純に数値だけを見れば
消費カロリーのためにはジョギングをした方が効率的だといえます。

 

さいごに

 

今回は運動強度による消費カロリーの違いを紹介しました。

ダイエットを考えている方や、取り組んでいて効果の出ない方は
ご自身の取り組んでいる運動強度を考えてみてはいかがでしょうか!

尚、ダイエット時における運動の重要性は
消費カロリーだけではなく他にも重要な理由があります!!

活動量が少ない方は積極的にカラダを動かしていきましょう!

パーソナルトレーニングE-studioは「健康と美容をサポートする」を追求し10年以上続く実績と質の高い指導を合わせ持ったパーソナルトレーニングジムとしてこだわりのトレーニングをご提案しています。

ご興味ある方はお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。