スタッフブログ

【カラダを動かすことの大切さ】

こんにちは!

 

少し前に体脂肪の話をしましたが、その中で動くことの重要性について触れました。

【体重は減ったけど...】見た目に関わる「体重」と「体脂肪率」の関係性E-studio(イースタジオ)は完全マンツーマンでパーソナルトレーニング。シェイプアップからバルクアップ目的まで、きめ細やかなサポートであなたに合ったパーソナルトレーニングを行い、美しく引き締まった体から理想のライフスタイルへ導く、東京メトロ東西線浦安駅徒歩1分、JR京葉線新浦安駅バス10分の場所で営業中のパーソナルトレーニングジムです。...

 

新型コロナの影響で運動不足の方も多いかと思いますので、カラダを動かすことの大切さについてお話していきます。

では動きの話を始める前に、まず私たちのカラダについてお話していきます!
みなさんなんとなくご存知だと思いますが、
人類は今日まで様々な進化を経た結果今のようなカラダになっています。

 

ちなみになぜ進化が起こるかというと、
絶滅せず生き残るため!
なのです。

生物は後世に子孫を残すために生きているというのがまず大前提なのですが、
人類が絶滅するなんて今のご時世想像もできませんよね!

今では食べ物に困らないどころか簡単に手に入り、
むしろ供給過剰といってもよいくらい溢れています。

しかし昔はそうではありませんでした。
生きていくために食べ物や狩りの対象になる動物を探して狩る、
そんな日々だったそうです。

そのためにはたくさん歩き、狩りをする中では走り回る。
つまり、動けないという事は食事にありつくことさえもできないということでした。

食事ができるということは生きていくことです。
そのために、ものすごい長い年月をかけ現在のようにカラダは進化していきました。
結果として今のようなカラダのデザインに落ち着いたわけなのですが、
時が流れ、私たちは動かずとも暮らせるような便利な文明を生み出します。

便利な現代では、人間は生活様式にカラダではなく文化を合わせることで過ごしやすさを
手に入れました。
それが、昔では考えられなかった運動不足や肩こりなどを引き起こしているのです!

動かすことが前提として作られているこのカラダを動かさない、
そんな矛盾が私たちの生活には溢れています。

私も今はパソコンに向き合っていますが、ずっと座ったままで同じ姿勢の状態。
それはこのカラダである本来の意図からは離れた行動なのです。

 

カラダの大部分は筋肉です。

筋肉は表面的な部分ではカラダを動かすために、深部では内臓血管など生命維持のために働いています。

全身には血管が巡らされていて、血が流れることで私たちは生きているのです!
血液の流れは、カラダの隅々までたくさんの栄養などを届けてくれます。

その血の巡りが悪くなるということはどういうことでしょうか。

 

一言でいうと、不調感です。

調子が悪いな・・・そんな時、血の巡りが悪いという事が多々あります。
日常的に全身を動かしていない人は、日常的に動いている人に比べて不調感を抱えている人が多いです。

フィットネスの現場にいるととても感じることです。
このカラダで生きていくためにはやはり私たちは動かないといけない。。

 

運動をする目的は、ダイエットや見た目を変えていきたいということが多いですが、
まずはうまく動かすリハビリのようなことからでも良いのです!

今回感染症が流行したことで、私たちの生活、カラダの動きはとても制限的になりました。
運動不足感や不調感を感じた方も少なくないと思います!

運動を難しく捉えず、本来の動くカラダに戻すためにはじめてみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!